わたらせの家わたらせの家まじめでバカ正直な工務店集団

わたらせの家お問い合せわたらせの家お問い合せ

わたらせの家事業内容わたらせの家事業内容木の家づくり木の家づくりわたらせの家施工事例わたらせの家施工事例わたらせの家工務店グループわたらせの家工務店グループわたらせの家リフォームわたらせの家リフォーム

HOME > 木の家

midashi03.png

出典:社団法人全国木材組合連合会「木造住宅が森林を活かす」

構造の安定
木材は軽くて強い材料(比強度が最も高い建築材料)です。近年は実大振動実験などにより木造住宅の耐震性の高さが実証されてきています。

火災時の安全
不燃材による外壁仕上げ材料や内装材との関係から火災時における外部からの延焼なども木の効用を活かした新たな規定が設けられています。

劣化の軽減
ヒノキなど耐朽性の高い木材や必要部分への防腐処理材の使用により木造住宅の寿命を守ります。

維持管理の配慮
木の家は他構造と異なり構造面においての増改築・リフォーム作業が安易なため設備変更や維持管理がしやすいことも特長のひとつです。

温熱環境
住宅も省エネが必要条件。木の家ではまず構造材として木材自身が金属(鋼材)等と比較すると断熱性に富むことがあげられます。いわば木という断熱材に囲まれて暮らしているといえます。そして他の断熱材を補いながら、冬暖かく、夏快適な室内環境をつくることができるのです。

空気環境
木材には天然木の香の効用に加え、木材特有の調湿性があります。吸湿と放湿を適当に繰り返し、室内環境の湿度を自然に調整してくれるのです。

光・視環境
紫外線は人に有害だといわれています。近年では化粧品や衣類などにも紫外線をカットする効果が備えられています。実は木材にも紫外線吸収、反射防止などの効果があるのです。目にも木は優しい素材です。

音環境
石やコンクリートなどの硬い材料では音をはね返しやすく反響します。一方、木材では適度に音を吸収し、音が美しく響くなどの効果があります。劇場やホールに木の内装材が用いられるのはこの性質と肌合いを活かすためです。

高齢者への配慮
木材ではよく温もりを感じるといわれます。床材や手すりなど木材は触ってもヒヤッとすることが少ない温かい材料だといえるのです。

防犯
木材は外部の塀などの環境材料として、住宅などの外装材にも使用されています。設計により環境に調和した仕切り材としてまた、防犯上のスクリーンとしての配慮なども可能です。

木材2727696ccnew.jpg

木の空間づくり
群馬・栃木の木で家をつくろう群馬・栃木の木で家をつくろう
家づくりの助成金・補助金家づくりの助成金・補助金

わたらせの家プラン

lcsmart_icon.jpg
vie.jpg
foco.jpg

協力企業リンク


エヌケーケー株式会社エヌケーケー株式会社
プロコンビニプロコンビニ
ナイスナイス

家を建てる情報満載!! e-house

わたらせの家会員専用窓口わたらせの家会員専用窓口